2021年2月21日3,464 ビュー View

(む?)棒を咥えたまま家に入りたい。しつこく挑み続ける執念のゴールデンパピー、諦め悪すぎて笑った【動画】

今回ご紹介するのは、あまりに強情なゴールデンのパピー。やんちゃのカタマリであるパピーはこの日、大きな枝のお宝をゲット。そのまま咥えて家に帰りたいものの、窓に引っかかってゴツン…。しかしそこから、執念と思えるほどに諦めず挑み続けるのでした。頑張っているところゴメンですが、今とっても可愛いぞ!

扉を開けてもらいました

主役ゴルのGunnarはお気に入りの枝を見つけました。

 

どうしてもこちらを家に持ち帰りたいようで…

 

(ジッ)

 

アピっていますね。

 

そしてもちろん、オーナーさんは扉をガラガラ。

Gunnarが入れる程度に開けてくれました。

 

ということは…?

 

「もっと開けて」とカシカシ

もちろんGunnarだけなら中に入れるものの、棒というお宝を咥えているためもう少し開けて欲しいところ。

 

前足でカシカシとアピールしています。

 

しかしはやる気持ちを抑えきれないのか、前に進もうとするGunnar。

 

でも当然ですが通れません。

だって、扉が開いている幅と枝の長さが合っていないのですからね。

 

それでも「通れるかも?」と頑張っちゃうあたりが、パピーらしくてキュンですね。

 

コツコツン「おーい、こりゃ無理だよー」

しかし、Gunnarはどうやら諦めが悪い性格のよう。

 

無理矢理に隙間を通ろうとしているのです。

 

(コツン! コツン!)

 

もちろんのこと、枝が壁に当たります。

 

この時点で、パピーと言えどさすがに状況がわかりそうなものですが、よほどお宝なのか、強情なのか…。

 

あまりに諦めないGunnarの姿が、なんだかだんだん笑えてきちゃいました。

 

「入れないよー!」とワウ!

しかし、いよいよイライラしてきたGunnar。

 

ワウワウと文句をたれはじめました。

 

「ちょっと、誰か!」(コツン!)

 

さすがにこの様子はおかしくてオーナーさんもクスクス。

 

ここまできたら、Gunnarは“強情さん”で決定でよさそうです。

 

何度ひっかかるも、めげない

ひっかかり続けるGunnarを正面から見ると。

 

なぜか若干笑っているようなお顔になっているのです。

 

そのファニーさも相まって、パピーらしいこのしつこさが可愛く思えて仕方がありません。

 

きっとまだ、車幅感覚がしっかり身についていないのでしょうね。

 

この動きがどうしてもオモロ可愛くて、ゴメンと思いつつも、いつまでも見ていたくなっちゃいます!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

相棒犬に、連続7発の平手打ちを喰らわせたラブラドール。普段優しすぎる彼らを、決して怒らせてはいけない様だ…【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • オリジンジャパン,フード,レト