2021年6月6日3,644 ビュー View

『電動バウンサー』がちょっと苦手…それでも自ら赤ちゃんの面倒を見ようとしてくれる心優しいラブラドール。【動画】

今回は、改めてラブの深い愛情を目の当たりにするような光景をご紹介。主役ラブはお家に赤ちゃんがいます。もちろん家族として認識しつつ、『非力な存在』ということまでちゃんと理解しているのです。それだけでも尊いのに、育児に疲れ気味なオーナーさんの姿を見て自ら子守りを始めたのだからもう泣けてきちゃうのです!

オーナーさんは、少々育児疲れ気味…

主役はゴンとサンの2頭のラブコンビ。

 

そんなコンビのお家には、本当に小さな赤ちゃんがいます。

 

新生児の育児は特に大変なもの。

オーナーさんは少々お疲れ気味なこともあり『電動バウンサー』を購入。

 

ゆりかごのようにユラユラ自動で動くものですね。

 

しかし、不思議な動きをするバウンサーの登場にサンは少々ドキドキ。

 

一方ゴンはというと、普段より赤ちゃんの顔が見えるため気に入ったようで、すぐさまこんな仕草をして見せるのでした。

 

なんとも穏やかな顔つきで、そばに座って赤ちゃんを見守り始めたのです。

 

ラブはもともととても賢い犬種。

 

オーナーさんのお疲れ具合やバウンサーの登場で状況をすぐに理解したのか、「自分が代わりに…」とばかりにその場を離れず見守り続けているのです。

 

その姿を見たらもう、胸が熱くなって仕方がないでしょう!

 

そばにいることが『当たり前』

優しい瞳で見つめる姿には、見ている方も癒されてしまいましたよね。

 

さて、あれから時が経ち赤ちゃんは8ヶ月になりました。

 

動画は、ゴンとサンがいる部屋に赤ちゃんが抱っこされてくるシーンから始まり、赤ちゃんはそのままソファの上に。

 

するとゴンは、まるで当たり前のように…

 

自ら選んで、赤ちゃんの横に座ったのです。

 

その自然な流れを見れば、いかに赤ちゃんのことを大事に想っているか伝わるもの。

そして、とにかく大好きなのでしょうね。

 

その後、コチョコチョとゴンの肉球をいじり始めた赤ちゃん。

 

足に触れられると嫌がる子は多いものですが、ゴンは一切気にせず過ごします。

 

隣に座って貫禄たっぷりに過ごす姿を見れば、確実に赤ちゃんの『保護者』なんて言えそうですよ!

 

もともと愛情深いラブがもつ『愛溢れる仕草』を見て、心があたたかくなってしまいましたよね。

 

優しいラブの愛情をたっぷり受けて育つ赤ちゃんは、間違いなく優しい子に育つことでしょう!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

教えた訳でもないのに…自然と赤ちゃんの子守をするラブラドール。健気に寄り添う姿がピュアすぎて泣けてくる【動画あり】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • レトリーバー,Ta-Ta,タータ