2021年8月1日11,294 ビュー View

「はいカメラ見て」記念撮影するため家の中から猫を咥えてきたゴールデン。やる気のない姿を諭す姿が人間だった【動画】

今回の主役はゴル3頭と猫。このメンバーで記念写真を撮影したいのですが、猫は乗り気にならずにソッポを向いちゃうのです。するとゴルたちが協力して猫を説得し始めるのでした。その姿がまんま人間のようで笑えてきちゃう!

猫を連れてやってきた

さて、今は撮影前の準備タイム。

 

主役の4人を写真に収めようとしているオーナーさんは、全員が揃うまで待っています。

 

すると右奥のゴルが、家の中から猫を連れてきてくれました。

 

「お待たせ〜」。

 

猫はイマイチ気分が乗らないのか、抵抗しているようにも見えます。

 

だから家の中で過ごしていたのでしょうね。

 

やっぱり嫌そう

そして、真ん中の良い場所に降ろされた猫。

 

「何するニャ!!」。

 

これは多分…嫌がっている。

 

もしかすると写真に写りたくないのかもしれませんが、せっかくなので付き合ってもらいましょう。

 

ゴルもこんなに頑張ってくれたしね!

 

撮影を始めたけれど

では、全員揃ったところで撮影スタート!

 

オーナーさんが声をかけると、ゴルたちはとっても良い笑顔!

 

しかし猫は…

 

やっぱりカメラ目線をお断り。

 

「絶対に嫌」と、頑なに斜めを見続けているのです。

 

そんなに意地を張らなくても…。

 

ゴルたちの説得

ひとりでもソッポを向かれたら、せっかくの写真が台無しです。

 

すると、隣のゴルが猫を説得し始めました!

 

「まぁまぁ」なんて言いたそうに、肩をポン。

 

私たちには通じませんが、これは確実に会話をしているでしょう。

 

さらに隣のゴルも参戦。

 

「ほら、カメラを見てよ〜」と笑顔でポンッとお誘いです。

 

何も知らない人が見たら、猫が大きい子たちに絡まれているように思うかも。

 

でも、これはゴルたちの精一杯の優しさなのです。

皆が笑顔で写真に写りたいですからね。

 

やっぱり失敗…

それでは気を取り直して再チャレンジ。

 

同じように声をかけてカメラを向け…

 

はい、チーズ!

 

ダメだこりゃ。

 

どうしても猫はカメラを見たくないのでした。

 

結局、動画内では良い写真は撮られず。

健気なゴルたちの努力は偉いけれど、猫には通じませんでした。

 

結果は上手くいかなくても、猫以外のチームワークはなかなか。

 

というか、ゴルの動きが完全に『人間』なのですが…。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「コッチだよ〜」子猫をおもちゃであやし、自ら遊び相手になってあげた心優しいゴールデン。【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • レトリーバー,Ta-Ta,タータ