2018年12月24日1,979 ビュー View

インコとゴールデンレトリーバーの奇妙で優しい関係

2羽のインコと暮らすゴールデンレトリーバーのバーディー。実はインコのほうが態度が「ご立派」でして、バーディーは反抗できないのです…。だけど、そこは心優しきゴールデンレトリーバー。反抗できないんじゃなくて、「しないであげている」だけなんだよね、たぶん…?

ゴールデンレトリーバーとインコたちの奇妙な関係を3つの動画でご紹介します。

ゴールデンレトリーバー

pinkjellybeans:shutterstock

ちょっと爪が痛いけどね…!我慢できるよ

ゴールデンレトリーバーのバーディーは、2匹のインコと生活しています。インコたちは大きなゴールデンレトリーバーを怖がって…はおらず、むしろ「えっへん。我々こそがインコだよ!」とばかりにやりたい放題。バーディーの頭にも乗りたい放題。バーディーはとても紳士的だから、じっとしてむしろ「乗りやすいように」しているふうにも見えます。オーナーさんにも「バーディー、えらいね。おりこうさん」と褒めてくれました。

 

普段からこんな感じ。インコを見守る優しいバーディー

「インコ頭乗せ動画」を撮影するために静かにしていたのではなく、普段からバーディーはインコたちにとっても優しいのです。これは、自分の毛で遊ぶインコを見守るバーディー。本当に優しげな眼をしています。インコだって警戒心があればこんなふうに自由に遊んだりはしないもの。信頼関係ができているんですね。

 

でも、譲れないものは譲れないですけどね…

とはいえ、バーディーだって譲れないときはあります!前脚でしっかり握ったこのおもちゃ…インコの「あくび」がちょっかいを出してきますが、見て見ぬふり、気づかないふり。おもちゃをがっしり固定したまま。さりげな~くあくびが遊ぶのも邪魔したりして、「これはいくらなんでも譲れないですよ」の主張が可愛い!でも、思い切りあくびを押したり邪魔したりはしないんです。やっぱり優しい♡

以上、ゴールデンレトリーバーのバーディーとインコちゃんたちのやりとりでした!小さいものと大きいものが仲良く過ごしている様子は、本当に心が癒されますね。

 

こちらの記事も合わせてチェック!

猫に惚れこまれたゴールデンレトリーバーのミルク

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧