2019年12月20日7,340 ビュー View

ひとりやんちゃ感が否めないゴールデン。そんな相方をフォローする隣のゴルの動きが、もはや秘書。【動画】

一般的に、ゴールデンレトリーバーはおとなしくて利口だと言われています。でも、性格はその子によってさまざま。とくにゴルの多頭飼いをすると、その違いはよく分かるものです。今回は、ゴル2頭の性格の違いがわかる動画をお届け。ゴルたちのそれぞれの個性をどうぞご覧ください!

ウマウマのために一同整列!

2頭のゴールデンレトリーバーとその仲間たち。

待ちに待った食事の時間がやってきたようで、お行儀よくピシッと整列!

 

もちろん、目線はオーナーさんが持つウマウマ一択です。

 

とくにゴールデンズは、ほかの子に比べて少々前のめりに見える気がするのですが。

 

食いしんぼうなところはふたりとも一緒なのでしょう。

 

素直すぎる4頭の「いただきます」

すぐに食べたいという気持ちはわかりますが、食事には感謝の気持ちを持たないといけません。

 

「いただきます」の合図をするようにオーナーさんが声をかけると…?

 

みんなで一斉に、指示通りのポーズをとってくれました。

 

息がぴったりすぎ。なお、可愛すぎ。

 

今するべきことは何なのか、きちんと分かっている彼らはとにかく必死のようです。

 

だって、オーナーさんの言うことを聞いておかないと、ウマウマは手に入らないのですから。

 

しかし、ひとりフライング…

そんな中、ゴールデンの帝さんはこっそりフライング。

 

「そろそろよいかなあ…」(チラッ)

 

「誰も気がついていないでしょ」なんて思っていそうだけれど、バッチリ見られてますから。

 

隣にいるゴルの威さんと比べて、帝さんはせっかちでマイペースのよう。

 

このあともひとり我が道を貫いていきます。

 

我が道を貫きとおす帝さん

威さんは、食後はすぐに使ったお皿を片付けに行きました。

とてもいい子ですね。

 

そんな仲間の様子を気にすることもなく、空になったお皿を舐め続ける帝さん。

 

どんなに舐めても、これ以上のウマウマは出てこないはずだけれど…。

 

そして、ようやく諦めて片付けるのかと思いきや、お皿を残してふらっとどこかへ行ってしまいました。

 

もはや空になったお皿になんて、興味がないみたい。

 

しかし威さんはそんな相方のお皿を気にしているようです。

 

そこで驚きの展開が起こりました。

なんと、威さんが帝さんの使ったお皿を片付けたのです…!

 

これはちょっと、良い子すぎやしませんか。

 

しっかり者の威さんがいるからこそ、帝さんは自由にできるのかもしれませんね。

 

まるで専属秘書を思わせるような完璧なサポートでした…。

 

性格が真反対のゴールデンたち。

でも、バランスがとれていて微笑ましいコンビでしたよね。

 

やはり、同じゴールデンでも個体差があるもの。

それぞれの子に寄り添って、ぴったりの選択をしてあげることが大事です。

 

みなさんも、愛ゴルに向き合ってどうぞより良いゴルライフを!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「可愛いでちゅね〜♡」“自分よりデカイ”弟パピーと暮らす2歳のゴールデン。異犬種でも仲良しな日常にほっこり。【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • レト,ジアイーノ
    レト,ジアイーノ
  • レト,愛玩飼育管理