2020年4月9日5,267 ビュー View

先輩ゴールデンのしっぽをオモチャにしてしまったパピー。それでも怒らずやり過ごす心の広さを褒めたいよ…【動画】

今回ご紹介するゴールデンパピーは、きょうだい分である先輩ゴールデンのしっぽをまるでおもちゃのようにアグアグと噛んでしまいます。しっぽを噛まれたら、相手がパピーだってさすがに怒ってしまいそう…なんて思うのは、どうやら野暮だったよう。どうぞその光景を動画でお楽しみください。

おもちゃのように、しっぽをアグアグ

ゴルパピーのBellaは何かをアグアグと夢中で噛んでいます。何を噛んでいるのかと思えば…なんと先輩ゴルのしっぽ!

 

画像では後ろ足だけが写っていますが、Bellaのとなりにいるきょうだい分の先輩ゴル・Boomerのしっぽを噛んで遊んでいるのでした。

 

「イッタァーッ!!」

もちろん、しっぽをアグアグされたBoomerは驚いてひょいっと起き上がります。

 

どうやらしっぽの毛ではない部分をアグアグされてしまったみたい。

 

つい「イッタァー」と反応してしまったようです。

 

「まあまあ、怒らないでよ」

その後、パピーであるBellaのお手々にご注目ください。

 

「まあまあ!」

 

なんと先輩を諭すかのように、可愛らしく前足を「ポフッ」。

 

いや、多分Boomerは怒りたいところだと思うのだけれど…!?

 

「ああもう〜!」とヤキモキ

するとBoomerは、自分の足元を自分でアグアグし始めました。

 

きっと、怒りたくても相手はパピーだし…というやるせない気持ちで、その思いのやり場がなかったのでしょう。

 

怒りの矛先がどこにもないものだから、アグアグと自分を噛んで落ち着かせたのですね…。

 

お遊びの仕上げにあんよもアグアグ

しっぽを噛んでいたBellaですが、動画の最後にはBoomerのあんよまでアグアグ。

 

もう、パピーは本当に自由気ままな生き物ですね。

 

先輩は我慢していることだってあるのだよ…とBellaも大きくなったら気づくことでしょう!

 

アグアグされても決して相手に怒らないなんて、Boomerはとっても優しい心の持ち主でしたね。

 

犬は、相手がパピーだと寛大な態度を示すことが多いもの。

 

皆さんの愛ゴルも、パピーに対してやさしく接していることがあるでしょう。

そんな時に、「親」である我々オーナーはまた彼らのことが愛らしく思えるもの。

 

そんなシーンに出くわしたら、どうぞ彼らの細かな動きまで観察してみてくださいね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

ラブラドールの親子がひとつのボールを奪い合い!でも…最後はちゃんと息子に譲るママの優しい心に感動【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • オリジンジャパン,フード,レト