2020年11月8日6,281 ビュー View

「ピィピィ…」悪事を働いたゴールデン。まるで『犯人は自分です』とばかりに変声になって秒でバレる【動画】

今回は、あまりに素直としか言いようのないほどに分りやすい性格のゴールデンをご紹介。ぶっちゃけ派手なイタズラをしてしまったのですが、もはや見た瞬間に「君だね、犯人」と断定できるレベルで様子がおかしいのです。まったく…可愛いってズルイですよ、本当に!

“派手な”いたずらの形跡発見。

オーナーさんが、お部屋の中でいたずらの形跡を発見。しかも、かなり派手にやられたようで、もうビリビリになったものがあたりに散乱中。

 

いったいどこのゴールデンがやったのさ!

 

…ということで、犯人はお家に住むゴールデンなわけですが、お家にはゴールデンが2頭住んでいるのです。

 

無実の相棒犬。

ということで、いざ犯人探しの開始。

 

容疑がかかっている1頭めがこの子。しかし、かなりキョトンとしたお顔をしていて、悪さをした感じはありません。

 

するとどこからか、謎の『笛』のような音が聞こえてきたのです。

 

一体なんの音なのか…。

 

『ピィピィー…』

ピィピィー…。甲高いこの笛のような音の正体は…。

お次の容疑犬、ゴールデンのLexiでした。

 

この子…ぶっちゃけすごいことになっています。

どうしたのよ、そのおかしな表情は…!

 

おめめを細めてお口は吊り上げ、もはや変顔状態。

そして絵に描いたようなしっかりとした猫背。

 

そして、極め付けがこの音。

もうずっと変な声を出しているのです。

 

ということで…バレバレですね。

「私がやりました」と、そう言っているのですから…。

 

お顔が歪みっぱなし。

もはや、オーナーさんの顔を直視できないのでしょう。

おめめを細め続けるLexi。

 

もう罪悪感でいっぱいで、お顔が変形したまま固まってしまったかのよう。

 

こんなお顔をされたら、正直怒りにくいもの。

 

しかし、しっかりとダメなことは伝えなければなりません…。

 

わかりやすい犯人だよ、しかし。

「何をしたのさ…もう、悪い子だね」。

 

そうオーナーさんに言われ、Lexiは立ち上がりすぐにサッと逃げだします。

 

ここまでくると、もはやコントのように思えてくる…。

 

ヨボヨボしてきた…。

そして、去り際のLexiは頭としっぽを下げてこの様子。うなだれ切っているようで、もうヨボヨボ…。

 

ほんの少し前までは、いたずらをして楽しく遊んでいたのでしょうけれど、バレるとこの状態なのです。

 

まったく、可愛すぎてズルイでしょう。

 

だってここまで素直に態度にされたら、怒る気持ちなんてすぐにどこかへ行ってしまうでしょうから!

 

あまりに素直すぎて、憎めない性格のLexiをご紹介しました。

 

とは言え、こういう素直さもまた彼らの魅力のひとつ。

 

しかしイタズラは危ないこともありますから、今後はやってはいけませんよ、Lexiさん!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

『飼い主さん!!これは夢です!!』イタズラがモロバレした…驚きまくりで動揺が隠せないゴールデンが、おかしなほどに必死…。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • オリジンジャパン,フード,レト