2021年3月17日2,618 ビュー View

赤ちゃんの頃から怠け癖のあるゴールデン。半年経っても全く同じ顔して怠けてた…これはこれで愛おしさ凄い【動画】

今回の主役ゴルはちょっぴり怠け者な性格。なんと、やんちゃでおなじみのパピー期からその気質が見られ、そして半年経ってもなお怠けている姿が見られたのですから。これはもうこのまま育っていくとしか思えないなあ。可愛いけれど珍しい、でもなんだか凄く愛おしい…。

絶賛、お怠け中のパピー。

主役ゴルの名前はマドリッド。

 

今はゴルたちが大好きなことでおなじみ“テニスボール”で遊んでいる最中です。

なのですが…

 

完全にお顔が曇っていますね…。

 

パピーはやんちゃのカタマリ。

ボールを前にして、夢中にならない子などいないはず…。

 

おかしいなあ…。

 

なんで困り顔なの?

その後も、なぜか困ったお顔を浮かべてボールを見つめるマドリッド。

 

少し噛んでみたものの自分から離れてしまい「あ〜あ」なんて思っているのかも。

 

とはいえ立ち上がってまで取りに行く気はないのです。

だからその場で…

 

(アグッ…)

 

届くかなぁなんて、一応お口を開けて試しているのでした。でも失敗。

 

どうやら遊びたい気持ちはあるようですね。

 

あとちょっとだけれど

その後も、どうしても立ち上がることはしないマドリッド。

 

でもボールへの興味は消えないようで、短いあんよを懸命に伸ばしています。

 

(プルプル…)

 

なんてズルをしていたため、そのことが裏目に。

 

(コロコロ…)

 

あんよを引っ掛けた反動で、もっと遠くに行ってしまいました。

 

ねえ、君は本当にパピーなのかい?

 

あまりにぐうたらしていると思うんだ…。

 

半年後のマドリッド

しかし…マドリッドはやっぱり根っからの怠け者なのかも。

 

だって、それから半年経ってもなお、ぐうたらしていたのですから。

 

「……」。

 

ガン見していますね。

だから遊びたい気持ちはあるのでしょう。

 

しかし、やっぱり立ち上がろうとはしません。

 

もはや念じていれば近づいてくるかも…なんて思っていそうな。

 

お口を食いしばって、取りたい気持ちは強いようです。

 

しかし、ボールは生き物ではありません。

もちろん自ら近づいてはくれず。

 

と、そんな姿を見かねたオーナーさんがマドリッドの近くにボールを寄せてくれました。

 

もう、甘えん坊さんなんだから!

 

なんか、思っていたのと違う。

ボールを前脚のあたりに動かしてくれたオーナーさん。

 

その時のマドリッドがコチラ。

 

「……」。

 

がーん…。

 

なんていう反応の薄さ…。

遊びたいんだよね? 違うの…?

 

なんてショックを受けていたところでマドリッドは動きました。

 

(コロコロ…)

 

えええ…。ささやか…。

 

どうしたっていうのよ。

何がしたかったのよ。

 

なんでそんなローテンションなのよぉー!

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Madrid - Golden Retriever pup(@madrid_thegolden)がシェアした投稿

 

もはや「デジャブかな?」と思えるほどに、怠け者な性格のまま成長していったマドリッド。

 

ここまでテンションが低いと、一周して笑えてきちゃいますよね。

 

オーナーさんも、普段の陽気な彼らの姿とは違うものの、きっとそんな個性が可愛く思えて仕方がないでしょうね!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

(ゴッ…ゴッ…)ルンバにも動じず、床でぐうたらするラブラドール…強い。【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • レトリーバー,Ta-Ta,タータ