2021年6月4日15,518 ビュー View

本当は起きてるけど…自分の懐で眠る子猫を起こさないよう、チラ見しつつ体は動かさずに見守るゴールデン。【動画】

今回は、お家の子猫のことが愛おしくて仕方がないゴールデンをご紹介。その感情が出すぎた様々な仕草や表情がもう本当に穏やかで優しくて、必ず癒されてしまうでしょう。徐々に成長した子猫とのやりとり含め、どのシーンも胸アツ不可避です!

子猫の方が興味津々!

早速ですが、主役ゴルは目の前にいる小さな子猫とふれあい中。

 

とは言え子猫の方が気になっているようで、前足でゴルのマズルにちょっかいを。

 

しかし相手は小さな小さな子猫。

 

ゴルはやられっぱなしで、子猫の可愛いパンチを全て受け止めています。

 

まだ「どう接したら良いか…」と思っているフシもありそうですが、すでに優しさ大放出中です。

 

慣れてくると…

そんな凸凹コンビも、互いの存在に慣れてくるとこんなシーンが見られるように。

 

見てくださいこの可愛すぎる光景を。

 

まるで大きなぬいぐるみに乗るように、小さな前足でゴルの頭を抱えてちょこんと乗る子猫。

 

頭のくぼみが、子猫のアゴにちょうどフィットしたようで、かなりくつろいでいます。

 

この状況はなんだかちょっと羨ましいような…。

 

愛おしさが出過ぎ!

そんなこんなで、どんどん互いの仲を深めていった凸凹コンビ。

 

お次のシーンでは、もう本当の親にしか見えないような顔で子猫を舐めるゴルの姿がありました。

 

(ペロ…ペロ…)

 

もはや眠っているのではないかと思えるほどの優しい顔ですよね。

 

この顔だけで、どれほど深く想っているのかしっかり伝わってきます。

 

寝ているフリで、寝かせてあげる

そんな愛情ダダ漏れのゴルはこの日、さらなる愛を感じさせる姿を見せてくれました。

 

この光景をご覧ください。

 

気持ちが良さそうに、お互いに身を寄せお昼寝中でしょうか…っていえいえ。

 

実はこの時ゴルは起きているのです。

 

まるで「ちゃんと寝ているかな…」とばかりに視線だけをチラチラ動かし確認しているのでした。

 

きっと、自分が動けば子猫が起きてしまうと思って、動かずジッと過ごしてあげているのでしょうね。

 

どこまで優しいのかと思わされてしまいます…。

 

さらに慣れてきたら…

そしてシーンが変わり、どんどん尊さの上書きをするかのような光景を見せてくれました。

 

まるで抱きしめるようにハグをしていたゴル。

 

この姿はもう本当に、親子にしか見えませんよね。

 

そして少しだけ大きくなった子猫と、先ほどの可愛いシーンをまた見せてくれましたよ。

 

(ギュッ)

 

ゴルの頭上に収まるように乗っていた子猫。

今ではもうはみ出ていますね。

 

ちょっぴり変顔になったゴルの表情もなんと愛おしく思えることか…。

 

立場が変わってきたよ

どんどん成長してきた子猫は、かなり大きな体つきになってきました。

 

それに比例して、まるで親のような仕草を見せていたゴルとの関係にも変化が。

 

(ペロペロ…)

 

今度は、ゴルの体を舐めてあげているのでした。

 

相思相愛という意味がこの光景で伝わりますよね。

 

互いに愛を与えあって過ごしていくゴルと猫。

 

この光景は、何度も言うように『尊い』という言葉以外に当てはまらないような気がしますよ。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

子猫が生まれ、ホクホク顔で見つめるゴールデンがみんな本当に嬉しそうだった…もう超ホッコリだよ。【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • レトリーバー,Ta-Ta,タータ