2021年9月7日6,369 ビュー View

歩道で豪快にイヤイヤ中、通行人が差し出したおやつを見て秒で復活を遂げたゴールデン【動画】

今回はなんてゲンキンな…と笑えてきちゃう動画をご紹介。歩道でベッタリ『イヤイヤモード』中のゴル。オーナーさんは急いでいるようで困惑していると、居合わせた通行人の方が救世主となり“とあるきっかけ”で無事元気を取り戻すのでした。それはもちろん…!

ものすごい拒否レベルでベッタリ。

早速ですが、画面には道路と一体化したゴルが写されます。

 

そして、半ば諦めモードでリードを引くオーナーさんも。

 

もはや「こうなったら手に負えない」ということをわかっているよう。

 

オーナーさんはゆっくり振り返りゴルに近づきます。

 

そして、寝そべったまま微動だにしない我が子に説得を開始。

 

しかしゴルは耳を傾ける素振りもなく、一切動く気配はなし。

 

誰がどう見ても長期戦の予感…。

 

その姿が可愛いやらおかしいやら、通りすがりの人々の注目の的になっています。

 

どうやら時間がなさそう…

その後オーナーさんは腕時計を指でさすような仕草を。

 

ということは、急いでいるのでしょうね。

 

しかしゴルは反応なし。

 

察するところ、オーナーさんは右端に写っているお店で何か食べ物を購入したよう。

手に持つ小さな紙袋がソレでしょう。

 

だからゴルは「自分もほしいのに」という気持ちを全身でアピっているのでしょうね。

 

すると、最初からこの一部始終を後方で見ていたご婦人が登場。

 

あまりに強烈なイヤイヤをするゴルを見かねて、諭してくれるのでしょうか。

 

まさかのオチがきた

するとご婦人はすかさず体を低くし、ゴルに話しかけようとしました。

 

実は、ご婦人は手に食べ物を持っていたのです。

それを見せようとしたのですね。

 

そのことに気が付かないわけがないゴルは…

 

(ムクッ!!)

 

もう置き物になってしまったのかと思うほど動かなかったのに、食べ物を見たら秒でムクリ。

 

今までのイヤイヤが嘘のようにすぐさま歩き出しご婦人に接近したのです。

 

このゲンキンな反応にはご婦人もオーナーさんも爆笑。

 

もちろん中身はもらえませんでしたが、無事に息を吹き返すことに成功。

 

ご婦人のおかげで、ビッグボディを動かすことができたのでした。

 

大型犬のゴルが道を塞ぐように寝そべっていたらオーナーさんも焦っていたでしょうから、まさにご婦人はピンチを救った救世主ですね!

 

ってゴルちゃん、イヤイヤはほどほどにね!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Golden Retrievers ❤️(@goldiescute)がシェアした投稿

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

仕事を邪魔される飼い主と遊んでもらえないゴールデンが、共にがっくり絶望中。【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • レトリーバー,Ta-Ta,タータ