2022年8月15日1,731 ビュー View

先輩猫たちが暮らす家に迎えられた黒ラブ。洗礼を受けつつ距離を縮めていく光景にドキドキ【動画】

今回は、猫と暮らすラブをご紹介。ラブは好奇心旺盛でフレンドリーな性格の持ち主。ゆえに、一方的に距離を縮めすぎてしまうこともあるのです。警戒心の強い猫にしたら驚くこともしばしば。その度にラブは猫パンチをお見舞いされてしまうのでした。

そこを譲ってください…

ラブの空(くう)さんは、兄猫の虎徹さんと暮らしています。

 

今はソファカバーに隠れた虎徹さんを誘い出そうとしているところ。

 

しかしカバーに顔を近づけると…

 

「…」。

 

警戒心MAXの虎徹さんに猫パンチをお見舞いされてしまうのでした。

 

なぜ空さんが虎徹さんを誘い出したいのかというと、そこは自分のテリトリーだから。

 

家事の途中で虎徹さんが紛れこんでしまったため、「そこでリラックスしたいのに…」と困っている状況だったのです。

 

しかし、それでも怒らずにそっとお願いをしているなんて、空さんの謙虚さが窺えますよね!




 

新入りラブと先住猫の距離が縮まるまで

続いては先住猫たちがいるお家に迎えられたラブのクロマティーさん。

 

突然現れた真っ黒な新入りに、先住猫たちは警戒心MAX! 自由に行き来していた家の中でさえも、2階から降りてこなくなってしまったのです。

 

これは、仲良くなるのに時間がかかりそう…。

 

しかし、クロマティーさんのフレンドリーな性格のおかげもあってか、日に日に距離を縮めていくクロマティーさんと先住猫たち。

 

10日も経つと、こんな光景が見られるまでに。

 

恐る恐るではありますが、顔をくっつけ合ったりする姿も見られたのでした。

 

それはきっと、クロマティーさんの優しくてフレンドリーな性格があってこそなのでしょう。

 

めげずに触れ合うことで、先住猫たちも心を開いてくれたのかもしれません。

 

しかしたまにやりすぎてしまうのもラブの持ち味。距離を縮めすぎて猫パンチをお見舞いされてしまうお茶目さも忘れていないのでした!




 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

自分の耳で遊ぶ猫にも優しく対応。ラブラドールの穏やかで広い心にほっこりした【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • レトリーバー,Ta-Ta,タータ