2022年7月15日1,576 ビュー View

心配して声をかけても知らんぷり。徹底的に聞こえないフリを貫くゴールデン。なんでなの。【動画】

今回は、知らんぷりが上手なゴルをご紹介。呼び掛けられても注意されても「聞こえません」ととぼけてしまうのです。見事な知らんぷりの様子を、どうぞご覧ください。

遠い目で聞こえないフリ

ゴルのるこるさんの姿が見当たらず、ママさんと同居犬のルッちんが探しに向かっています。

 

上の階の様子を見てみると、息子さんのロフトベッドから窓から外を眺めるるこるさんの姿が。

 

ふたりの存在に気が付くと、ロフトベッドから降りようとしますが…

 

るこるさんが向かったのは階段でなく棚の上。

 

コラコラ、そこは危ないから階段から降りようね! と声をかけても…

 

「…」。

 

まさかの無視!

完全に知らんぷりをするのでした。

 

オーナーさんが階段から降りるように促して、その後は階段から降りることができました。よかった…!

 

しかし階段を降りた先ではルッちんさんに怒られてしまったるこるさん。

 

「危ないことはしちゃダメ!」なんて言ってくれたのかも知れませんね。




 

怒られても聞こえないフリ

お次はゴルパピーのまろんさん。今はいたずら盛りのお年頃。

 

この日も家具にかかったビニールをかじって遊んでいるのでした。

 

すると、すかさずママさんが注意。といっても低い声で名前を呼んだだけ。

 

最初は聞こえないフリをしていたまろんさんですが、2回目に名前を呼ばれると…

 

(すっ…)

 

ふいにビニールから口を離したのでした。

 

注意されてることを理解しているなんて、パピーなのに賢くていい子ですね。

 

けれど、その後は拗ねたように床に突っ伏してしまったまろんさん。

 

さらにおててを床にポンッとして、納得いかないような素振りをしてみせたのでした。

 

これには声を押し殺して笑ってしまったママさん。お気持ちよく分かります!




 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「知りません…」イタズラを咎められるも、哀愁たっぷりなお顔で逃れようとしたゴールデンが憎めない【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧

  • レトリーバー,Ta-Ta,タータ